2569066

「愛されたい」

そう思って悩む方は多いです。

愛されたい、という思いの奥には、

「自分には愛が充分に満たされていない」

という気持ちがあるものです。

そこで、つい他の誰か、何かを通して、愛を得ようとしてしまいがちです。

それが、恋愛になることもあれば、特定の何かへの執着やコントロールとなって現れることもあります。

けれど、それは綱引きのようなもの。

決してそこからは真の愛が得られることはありません。

愛着や執着はエネルギーを重くし、相手も自分も苦しめてしまいます。

「愛が欲しい自分」
「愛が得られなくて苦しい自分」

は、いつまでも手に入らない愛を追い求めてしまいます

私たちは、

「私を愛してください、
私を愛してください、ね?ね?」

と始終求め、しがみついてくる相手を心から愛そうとするでしょうか・・・?

相手の抱えている不安や怖れから、つい逃げたくなってしまうのではないでしょうか。

そして、

「やっぱり私には愛が得られない・・・」

という思い込みを強めてしまうのですね。

本当に愛を求めるなら、自分自身が愛とつながり、分け隔てなく、愛を表現していくことです。

自分に無関心な相手であっても、こちらから無償の愛を向けていけば、それは心地よく感じられるはずです。

無償の愛は、誰もが求めるもの。

もし、愛されたいと願うなら、自分自身の内なる愛を高めることなのですね。

それは、決してむずかしいことではありません。

自分を愛するなんて無理、と感じているなら、よかったら一度、試してみてくださいね。

→ 「自尊心を高める方法・自分を愛する方法」についてはこちら