040

学級崩壊しかけていたある中学校のクラスを、見事に立て直した担任の先生がいらっしゃるそうです。

いじめや身勝手な行動が横行するクラスの生徒たちが、

「居心地が良いから、ここにいたくなる」

とまで言うようになったのだそうです。

それほどの変化を遂げるために、先生はどのような方法を実践したのでしょうか・・・?

それは、生徒一人一人に

「褒め言葉のシャワー」

を浴びせるようにしたのだそうです。

一日一人ずつ、クラスのみんなが、その生徒の良い所について褒め称えるのです。

褒められると、人は、

「もっと褒めてもらいたい」

と、努力をしたくなるといいます。

その先生は、子どもたちの問題行動の原因には、

「自信のなさ」

があることを見抜いていました。

誰からも褒められず、自分の存在を見てもらえないと、その子どもは自己否定が強くなり、それが問題行動へとつながってしまうのです。

「誰かが自分のことを認めてくれている」

「みんなが自分のことをきちんと評価してくれる」

そう思うことで、子どもは自信を持ち、自尊心を高めることができます。

そして、

「自分は周りから受け入れられている」

と安心感を感じ、自分を愛することができるようになるのですね。

そんなクラスに出会えた生徒たちは、幸せといえるでしょう。

私たちは、誰もがこのような恵まれた環境にある訳ではありません。

そのため、周囲から褒められ、認めてもらえないと、ついつい自己否定に陥りがちです。

自己否定が他者否定につながり、生きづらさにつながるという連鎖は、じつは親子関係に由来していることも多いものです。

参考:
自尊心を傷つける言葉・自尊心を高める言葉とは?/親子の場合

自己否定に陥りがちな時には、当セラピールームでも効果的なイメージ法をご紹介しています。

こちらも自分を愛するため、自尊心を取り戻すためのひとつのご参考になるでしょう。

→ 「自尊心を高める方法・自分を愛する方法」についてはこちら

また、自尊心について詳しく知りたいという方は、こちらをご参考になさってください。

→ 自尊心とは?意味と特徴・自尊心の高め方について