Pocket

1003208

時々、周りの人や状況から、自分だけ犠牲になっていると感じたり、領域を侵されて、肩身の狭い思いを強いられているような被害者意識を感じることはありませんか・・・?

「どうして、私がこんな目に遭わなければいけないのだろう・・・?」

「なぜ、周りの人は私の気持ちを考えず、身勝手な振る舞いばかりするのだろう・・・?」

・・・そんなふうに自分が犠牲になっていると感じる時、ぞんざいに扱われていると感じられる時は、あなたの潜在意識から、あるサインが送られているのかもしれません。

じつは、このように被害者意識を感じる時は、自分で自分を大切にしていない時が多いのですね。

この意識を手放すには、最近の自分を振り返ってみて、

「私は私自身にやさしくしていただろうか・・・?」

「自分を大切に思い、理解していただろうか・・・?」

と問いかけてみると、何か気づきがあるかもしれません。

もしかすると、自分が自分に対してぞんざいに扱っていたり、嫌なことを無理強いしていたりと、大切にしていなかったことに気づくことがあるでしょう。

また、当セラピールームの「インナーチャイルドを癒す方法」でご紹介しているフォーカシングを用いて、その時に感じた身体の感覚を辿っていくのもひとつです。

すると、もっと以前から自分が抱えてきた、まだ癒されていない思いが甦ってくることもあります。

この世は、自分の意識の映し鏡といえます。

被害者意識に陥っている時は、人のせいにするより、自分を愛し、大切にしっかりと守ることで、意識を変えていくことが必要と気づかせてくれているのですね。

そして、被害者意識を手放すには、自分を愛すること、意識を高めることで、自ずと解決が見えてくることがあります。

当セラピールームの「自分を愛する・自尊心を高めるイメージ法」は、そんな時の心強いサポートになりますので、よかったらこちらもぜひご参考になさってください。

→ 「自尊心を高める方法・自分を愛する方法」についてはこちら