Pocket

020

先週に引き続き、自尊心を高める方法・自分を愛する方法として、メールマガジンからの抜粋をお届けします。

その後、私は初女先生のまごころのこもったお料理を思い出しながら、ほうれん草のおひたしを作っていました。

今回のメッセージは、その時に私の心に浮かんだ「気づき」です。

※メッセージはメルマガよりご覧いただけます。

→ メルマガ「自分を愛する・自尊心を高めるメッセージ」はこちら

上記のように、おひたしを作って食べたことで、私は小さな行為の中にまるで宇宙に包まれているような安心感を得ることができました。

とても心が落ち着いた感覚がやってきました。

それは、腹が据わる、ともいえる感覚です。

散漫になっていた考えがぴたりと中心に定まり、動じなくなる、という感じです。

そして、もっと自分自身の目的に集中し、ひとつのことを深めていこうと迷いがすーっと収まっていきました。

それは、自分の中にある導きを信頼し、何があっても受け入れていこうという、静かな納得感でした。

もしかすると、それはひとつの境地ともいえるかもしれません。

食を整えると、全てが自然に整っていく。

初女先生は、そう伝えていました。

食は基本といいますが、それは私たちを導いてくれる、大切な行為なのですね。

迷った時は、自分のいのちを整える。

そうすると、自然に道が開かれていくのですね。

→ 「自尊心を高める方法・自分を愛する方法」についてはこちら