自尊心を高める方法・自分を愛する方法でインナードライ肌が良くなる?

917048


現代人は、『インナードライ肌』という肌の状態の人が増えているそうです。

インナードライ肌とは、皮膚が脆くなり、肌にとって大切な水分を外敵からうまく守れない状態。

特徴は、表面はアブラでテカテカしているのに、内側はカラカラに乾いているのだそうです。



心理やスピリチュアルの分野では、体と心を結びつける考え方がありますね。

そこで今回は、皮膚(体)自我(心)のお話をしてみようと思います。



自我とは、私たちの心の表面の部分、自分と他人とを区別している部分です。

そう、体でいうと皮膚と同じなのですね。

私たちの自我が脆くなると、周囲の環境や他人からの刺激(攻撃)を必要以上に受け過ぎてしまい、自分の心にとって大切な水分(愛情)が奪われてしまうことになります。

心がインナードライの状態になってしまうのですね。



水分が足りず、脆くなった皮膚は、小さな刺激にも敏感に反応します。

ヒリヒリしたり、赤くなったり、湿疹を起こして異物に抵抗しようとします。



愛情を奪われた心はどうでしょう。

私たちは、自我が脆くなると、やはり、小さなことに過剰に反応してしまいやすくなります。

普段と違うことが起こったり、他人からのちょっとした言葉や態度が気になると、不安になったり、イライラしてしまいます。

そうした状態が長くつづくと、やがて被害者意識が強くなったり、うつ状態に陥ってしまうかもしれません。



インナードライ肌がテカテカしているのは、肌の表面に皮脂の膜を張ることで、弱くなった肌を守ろうとするのだそうです。

同じように、愛情が枯渇している心も、何か代償行為をおこなうことで、自我を守ろうとするのかもしれませんね。

それは、何かに依存することかもしれませんし、がんばり過ぎてしまうことかもしれません。

私たちは、そうやって脆い自我を補おうとし、愛情不足を何かで満たそうとすることがあるのですね。



こう考えると、私たちの心も皮膚と同じように、表面をハリと弾力のある、健康的でやわらかな状態に保つのが、良い状態といえそうです。

そうすれば、ちょっとした刺激は平気で跳ね返せるようになります。

すると、心の中が平和に守られ、愛情がつねに満たされた状態でいられるのです。



この自我が脆い状態は、アダルトチルドレンの状態に重なり合うものがあります。

アダルトチルドレンの心は、いつも愛情を渇望し、がんばっても満たされない堂々巡りをくり返しやすいものです。

このスパイラルを抜け出し、健康的な心の皮膚(自我)を取り戻すには、やはり自分を愛すること、自尊心を高めることが大切なのではないでしょうか。



もしかすると、アダルトチルドレンの方には、このインナードライ肌の持ち主が多いかもしれませんね。

そうであれば、心の状態を変えること、生き方を変容させることが、体質改善にもつながるのでは・・・、という想像もできます。

(こちらはあくまでも私の想像です)



そういえば、いつも自信を持ってイキイキとしている人は、肌もツヤツヤと輝いている気がします。

皮膚は、内臓の状態を映す鏡といいますね。

心が愛と自尊心を回復し、イキイキと輝き出せば、血液循環や新陳代謝も良くなり、それがツヤのある肌として表れるのでしょう。



あなたは、肌も心もインナードライになっていませんか・・・?

もしそうなら、今日から心に愛と尊厳を取り戻す方法があります。

もしご興味があれば、ご覧になってみてくださいね。

→ 「自尊心を高める方法・自分を愛する方法」についてはこちら




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

自分を愛する・自尊心を高めるイメージ法

■ 電子書籍

→ 詳しい内容を見てみる

■ PDFテキスト
好評販売中!

1,500円(税込・手数料込)

→ 詳しい内容を見てみる
→ 読者の声はこちら

【無料】「時空間を広げてトラウマを消すイメージ法」について

【無料】インナーチャイルドを癒す方法

【無料】人間関係で心を軽くする10の方法



イメージ法 オールインワン・パッケージ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
クリックしてみてくださいね。
↓ ↓


アダルトチルドレン ブログランキングへ

セラピストのご紹介

清原 瑠美(きよはら るみ)

559ff8984d1aa145753c65fccf109eaf_s

イメージ法による、自尊心を高める方法・自分を愛するセラピーをご紹介しています。

心のあり方を変えて、より幸せな自分をめざしていくためのサポートをおこなっております。

お気軽にご相談くださいね。

→ 詳しいプロフィールはこちら

このページの先頭へ