死にたい気持ちになってしまう時

3445316


私たちは、人生の中で1度や2度は「死にたい」という気持ちを持つことがあるのではないでしょうか。

大きな悩みや苦しみを長いこと抱えていたり、病気の痛みや苦しみに不安になったり、思いがけない出来事が降りかかってくることもあるでしょう。



特に、お悩みを伺っていると、男性からの「死にたい」という訴えが時々聞こえてきます。

女性の場合、自分が感じている思いや感情を誰かに聞いてもらい、共有することで、気分を落ち着けることが多いようです。

また、自分の様々な未来の可能性を予想して、希望を持つこともできます。



男性の場合、お話を伺うかぎりでは、あまり細やかに気持ちを語るより、白か黒かで短く判断する傾向も見られるようです。

そして、今の苦しさから逃れるための手段として、「死」を考えてしまうのかもしれません。



私たちは、生きていれば嬉しいことや良いことより、嫌なことや辛いことの方が多いかもしれません。

ただ、一見良いことばかり起こる時は、ものの見方や受け取り方が浅くなりやすいこともありますし、辛い時は、そこから学び、より成長しているともいえます。

死にたい気持ちを味わっている時は、魂が暗闇を経験し、その時期を突き抜けることで、次の光へと成長しようとしていると捉えることもできるのです。


死ぬか生きるかの体験を乗り越えた人は、それだけの凄味や深みが備わり、少しのことでは動じなくなるでしょう。

また、いつか誰かが同じ苦しみを抱えている時、救いや支えになることもできます。



こちらはまだ軽い状況や症状の場合ですが、もし「死にたい」という気持ちが湧いてきた時には、このように言い換えてみると、ものの見方がひとつ変わるかもしれません。


「私は死にたいほど、辛い」

「私は死にたいほど、寂しい」

「私は死にたいほど、混乱している」

「私は死にたいほど、疲れている」




「死にたいほど、~と感じている」言い換えることで、「死にたい」という気持ちの奥にある感情を客観的に捉える手助けになります。

「死にたい」という感情と一体化するのではなく、ひとつ隙間を作ることで、その空間に、また新しい気づきや発想がやってくることでしょう。

また、一人で抱え込まず、手助けを求めていくことも大切ですね。



あるいは、自分自身で乗り越えたい方は、セルフセラピーを積極的に活用していくのも良いでしょう。

Lumi セラピールームでは、次の方法でセルフセラピーをサポートしています。


■ イメージ法

→ インナーチャイルドを癒す方法(無料)

十分にリラックスしながら自分自身と対話し、心を癒すためのイメージ法です。(初級)


→ 自分を愛する・自尊心を高めるイメージ法

自分自身のいのちを大切にし、いつでもどこでも自分を愛する方法を身につけるためのイメージ法です。(中級)


→ 時空間を広げてトラウマを消すイメージ法について(無料)

潜在意識にアクセスし、高次の視点から心の引っかかり(トラウマ)を解消するためのイメージ法です。(上級)



「死にたい」と思う気持ちの底には、自己否定があります。

それは、自分を愛し、尊重することとは逆の意識状態です。

自分を愛すること、自尊心を高めることは、自分のいのちを生かすことでもあるのですね。

上記の方法で、あなたのいのちをさらに大切にするためのサポートにしていただければと思います。



さらに症状が重いと思われる方、抜き差しならない状況に置かれている方は、お医者さんの指示を仰ぎ、今の状況から離れることも考えてみてくださいね。




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

自分を愛する・自尊心を高めるイメージ法

■ 電子書籍

→ 詳しい内容を見てみる

■ PDFテキスト
好評販売中!

1,500円(税込・手数料込)

→ 詳しい内容を見てみる
→ 読者の声はこちら

【無料】「時空間を広げてトラウマを消すイメージ法」について

【無料】インナーチャイルドを癒す方法

【無料】人間関係で心を軽くする10の方法



イメージ法 オールインワン・パッケージ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
クリックしてみてくださいね。
↓ ↓


アダルトチルドレン ブログランキングへ

セラピストのご紹介

清原 瑠美(きよはら るみ)

559ff8984d1aa145753c65fccf109eaf_s

イメージ法による、自尊心を高める方法・自分を愛するセラピーをご紹介しています。

心のあり方を変えて、より幸せな自分をめざしていくためのサポートをおこなっております。

お気軽にご相談くださいね。

→ 詳しいプロフィールはこちら

このページの先頭へ