<ブログ記事からの転載です>

前回、人がショックな出来事に遭った時には、回復の段階があることをお伝えしました。

→ ショックから立ち直る方法 1

最初は、こちらの段階が起こります。

【パニック・ショック期】

・自分の身に起こった出来事に圧倒されるように感じる

・どうしてよいのかわからない気持ちになる

・強い不安や恐怖心に襲われる

こうした状態に陥ると、自分に対する自信、自尊心が大きく揺らいでしまいます。

ご自分の身に、何か大きなショックを受けた経験、恋愛や人間関係、家庭や仕事、怪我や病気、事故や災害などのような不慮の出来事に当てはめてみると、想像しやすいのではないでしょうか。

「まさか自分が・・・」

と、目の前が真っ暗になり、足元がガラガラと崩れるような出来事を、人生の中で一度は味わうかもしれません・・・。

そして、この時期が過ぎると、次には自分の身に起こった出来事に対する「否認・怒り」といった反発心が起こってきます。

【否認・怒りの時期】

・身に起こった現実を否定する気持ち、怒りの感情が湧いてくる

・周囲への攻撃的な反応や、自分を責める気持ちが起こる

1411441_garden_flowers_series_2

この時期は、現実を否定するだけでなく、強い自己否定が起こりやすい時期でもあります。

自己に対する信頼感や自尊心を容易に保つことができない、危機的な状態に晒されているといえます。

自分の存在や、人生そのものが否定されたように思われたり、周りに怒りの矛先を向けてしまいたくなります。

このような状態にいる時は、周囲の世界は、自分にとって危険なものと感じられてしまうのです。

フラワーエッセンスでは、こちらの例が浮かんできます。

・ペンステモン(FES)

・ベビーブルーアイズ(FES)

・エケネイシャ(FES)

次の段階については、また次章でご紹介したいと思います。

→ ショックから立ち直る方法 3