カサンドラ症候群の症状と改善・回復方法とは 1

250513


時折、カサンドラ症候群(※)に陥っている方からのご相談をお受けすることがあります。


相談者様を、仮にAさんとしましょう。

Aさんは、結婚が整ってひと安心と思ったのも束の間、パートナーとの生活に、だんだん違和感を覚えるようになっていきました。


それは、このように感じる場面が多くなったためです。


「夫とは言葉が通じない・・・」
「一切話を聞いてもらえない・・・」
「善意で行ったことが、なぜか悪意に取られてしまう・・・」
「ひどい言葉を浴びせられる・・・」
「人前で平気で恥をかかせられる・・・」
「いつも責任を押し付けられてしまう・・・」



Aさんは、パートナーとの情緒的な交流ができないことに戸惑い、また相手の言動や行動を理不尽に思いながらも、「自分がいけないのでは・・・」と、自分を責めるようになっていきます。


パートナーは頑としてAさんに、

「自分の方が正しい」
「君が間違っている」

と、冷たい眼差しを向け、責め立ててくるので、いつしか、判断力が鈍っていくようになりました。



そして、こう感じるようになっていきます。

「私には愛され、受け入れられる価値がない・・・」
「私がいつも我慢しなければならない・・・」
「自分を素直に表現してはいけない・・・」
「自分らしさを出すと否定されてしまう・・・」
「自分の欲求は認めてもらえない・・・」
「誰にもわかってもらえない・・・」



Aさんは、パートナーの機嫌を取るため、いつもびくびくと反応し、自分の感情を押し殺して、考えを止めるようになりました。


やがて、Aさんは気分や体調がすぐれなくなり、不定愁訴に悩まされるようになっていきます。

訳もなく疲れやすくなり、眠りも浅く、いつも頭が重くぼーっとするようです。

また、婦人科系も思わしくなく、微熱が続くようになりました。

食欲も、うまくコントロールができません。


ストレス解消法も試してみたのですが、症状は改善せず、「少しうつ気味かもしれない・・・」と感じるようになります。


Aさんは思い切って、メンタルクリニックの門を叩くことにしました。

そこで初めて、「もしかすると、夫は特徴的な脳の持ち主かもしれない・・・」と知らされることになったのです。



※ カサンドラ症候群とは

「カサンドラ症候群;カサンドラ情動剥奪障害」とは、アスペルガー症候群(AS)の夫または妻(あるいはパートナー)と情緒的な相互関係が築けないために配偶者やパートナーに生じる、身体的・精神的症状を表す言葉である。
(Wikipediaより抜粋)


→ カサンドラ症候群の症状と改善・回復方法とは 2 へつづきます


→ 「自分を愛する方法・自尊心を高める方法」についてはこちら




2 Responses to “カサンドラ症候群の症状と改善・回復方法とは 1”

サブコンテンツ

自分を愛する・自尊心を高めるイメージ法

■ 電子書籍

→ 詳しい内容を見てみる

■ PDFテキスト
好評販売中!

1,500円(税込・手数料込)

→ 詳しい内容を見てみる
→ 読者の声はこちら

【無料】「時空間を広げてトラウマを消すイメージ法」について

【無料】インナーチャイルドを癒す方法

【無料】人間関係で心を軽くする10の方法



イメージ法 オールインワン・パッケージ

自分を愛する・自尊心を高めるメールマガジン

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
クリックしてみてくださいね。
↓ ↓


アダルトチルドレン ブログランキングへ

セラピストのご紹介

清原 瑠美(きよはら るみ)

559ff8984d1aa145753c65fccf109eaf_s

イメージ法による、自尊心を高める方法・自分を愛するセラピーをご紹介しています。

心のあり方を変えて、より幸せな自分をめざしていくためのサポートをおこなっております。

お気軽にご相談くださいね。

→ 詳しいプロフィールはこちら

このページの先頭へ